日本プログラミングスクールのC++研修・講座とは

・良心的な価格で、法人のお客様の研修にも個人のお客様の受講にもご利用いただけます。
・通学・通信学習・オンラインコースがあります。
・完全個別指導(1対1で実務経験のある熟練講師が直接指導いたします。)
・フリータイム制(曜日や時間帯を決めずにご都合のよい時に自由にご受講いただけます。)
・法人様も個人のお客様も随時ご受講をスタートできます。
・母体ソフトウェア会社(株式会社イーテクノロジー)がプログラミング未経験者の為に開発した実践的なカリキュラムです。
C++の基礎から応用まで学べます。

C++の特徴

C++は、C言語同様、組込み系システムや業務系システム、ゲームソフトの開発などでよく使われる言語です。
C言語にオブジェクト指向の考え方をプラスした言語で、実行速度が求められ大規模なデータを扱うものに適しています。 

こんな方におすすめ

ある程度プログラミングのご経験があり、更にスキルアップしたいとお考えの方

日本プログラミングスクールの「C++講座」にご興味をお持ちの方は、下のいずれかのボタンからお進みください。

 

 

日本プログラミングスクールのC++講座のカリキュラム

構成

C++入門・C++マスターの2つのカリキュラムを通して、C++のプログラミングを段階的に学びます。
なお、C言語のご経験がある方であれば、C++マスターのみのご受講で差し支えありません。

概要

1
C++入門

C++を学習する上での土台となるC言語のプログラミングの基礎(文法、配列、関数、構造体、ポインタ、ファイル操作)などを学習していきます。

2
C++マスター

クラス、オブジェクト、継承、ポリモーフィズム、例外処理等、C++のオブジェクト指向プログラミングについて学習していきます。

内容

カリキュラム内容標準受講時間
合計時間70時間
C++入門
  1. 変数とデータ型
  2. 演算子
  3. 識別子
  4. 配列
  5. 定数
  6. 関数と処理の流れ
  7. ループ(繰り返し)処理
  8. ファイル構造
  9. 記憶クラス
  10. プログラムの作成
    Visual Studioを使ったプロジェクトの作成
  11. 配列とポインタ
  12. 構造体と共用体
  13. 標準関数
  14. ファイルの入出力
30時間
C++マスター

第 1 章 クラス
 STEP1 クラス
 STEP2 クラスの作成
 STEP3 メンバー変数
 STEP4 プロジェクトワークスペースの作成
 STEP5 メンバー関数
 練習問題1
 STEP6 プロジェクトワークスペースの追加
 練習問題2
 STEP7 コンストラクタ
 STEP8 デストラクタ
 練習問題3
第 2 章 継承
 STEP1 継承
 STEP2 多重継承
 STEP3 アクセス制御
 練習問題4-1 - 4-3
 STEP4 オーバーライド
 STEP5 オーバーロード
 練習問題5
 STEP6 コンストラクタの継承
 STEP7 イニシャライザ
 練習問題6
第 3 章 ポリモーフィズム(多態性)
 STEP1 オブジェクトポインタ
 STEP2 継承とオブジェクトポインタの関係
 STEP3 オブジェクト引数
 練習問題7
 STEP4 仮想関数
 STEP5 抽象クラス
 練習問題8
第 4 章 動的変数と動的オブジェクト
 STEP1 動的変数
 STEP2 動的配列
 練習問題9
 STEP3 動的オブジェクト
 練習問題10
第 5 章 コンポジションとフレンド関数
 STEP1 コンポジションの作成
 STEP2 コンポジションと継承の関係
 STEP3 コンポジションとコンストラクタの関係
 STEP4 フレンド関数
 練習問題11
 練習問題12
第 6 章 例外処理
 STEP1 例外処理の作成
 STEP2 例外引数
 STEP3 例外オブジェクト
 練習問題13

40時間

日本プログラミングスクールの「C++講座」にご興味をお持ちの方は、下のいずれかのボタンからお進みください。

 

 

日本プログラミングスクールのC++講座のご利用例

法人のお客様のご利用例(通学コース、オンラインコースの場合)

以下のパックがお勧めです。又、C言語以外のプログラミング言語と組み合わせてのご利用も可能です。詳細は、日本プログラミングスクールの法人様研修詳細をご覧ください。通学コース、オンラインコース、通信学習コースのそれぞれのご利用例をご覧いただけます。

カリキュラム内容期間研修費用予想助成金金額受講対象
C言語入門
C言語マスター
C++マスター

15日間
(100時間)

218,000円
(税込239,800円)

183,900円
(中小企業の場合)
新卒
未経験者

個人のお客様のご利用例(通学コース、オンラインコースの場合)

フリーパスポート50がお勧めです。又、他のプログラミング言語と組み合わせてのご利用の場合、フリーパスポート100、150、200もお勧めです。詳細は、日本プログラミングスクールの個人のお客様向けプログラミング講座のご案内をご覧ください。通学コース、オンラインコース、通信学習コースのそれぞれのご利用例をご覧いただけます。

コース名称有効期間受講時間受講費用
フリーパスポート50受講開始日より4ヶ月(16週間)50時間70,000円(税込み77,000円)